児童手当

児童手当

次代を担う児童の健やかな成長を支援するため、中学校終了までの児童を養育している人に支給するものです。

■受給者

 八代市に住民登録があり、中学校修了前の児童を養育している方

※父・母のうち所得の高い方が原則、受給者になります

※公務員の方は、勤務先へ請求してください

■対象児童

 日本国内に居住している中学校修了前の児童

※海外に居住する児童は、支給対象にはなりません(留学は除く)

※児童福祉施設に入所している児童は施設設置者に、里親に委託されている児童は里親に支給されます

■支給額

 年齢区分 手当月額
3歳未満 15,000円
3歳~小学校修了前(第1子、第2子) 10,000円
3歳~小学校修了前(第3子) 15,000円
中学生 10,000円
所得制限額以上(年齢に関係なく) 5,000円

※第1子、第2子とは、18歳到達後最初の3月31日まで養育している児童のうちで、「何番目」という意味です。

■所得制限

扶養親族等の数 所得制限限度額 収入額(参考)
0人 622.0万円 833.3万円
1人 660.0万円 875.6万円
2人 698.0万円 917.8万円
3人 736.0万円 960.0万円
4人 774.0万円 1002.1万円

※収入額は、給与収入のみで計算していますのであくまで目安の金額です。

■手当の支払

6月、10月、2月にそれぞれの前月分までの4ヶ月分が支給されます。

15日に支払予定ですが支払日が金融機関の休業日の場合は、その前の営業日となります。

支払の有無は通帳でご確認ください(毎年10月に1年分の支払予定を送付)

 

 

  • 手続きについて

■出生・転入に伴う手続き 

 出生・転入により児童手当を受けられる方は、以下の必要なものを持参し、請求してください。

なお、請求のあった月の翌月分から支給されます。

※出生日・転出予定日の翌日から15日以内に請求すれば、出生日・転出予定日の月の翌月分から支給されます

【必要なもの】

・請求者の健康保険証(社会保険加入者のみ。コピーでも可。年金加入証明書が必要になる場合あり)

・請求者名義の口座番号がわかるもの

・印鑑(スタンプ印は除く)

・申請者および配偶者で、本年1月1日に市外に居住していた方(1月から5月までの月分の手当の申請の場合は、前年の1月1日に市外に居住していた方)は、認定請求日の前年分(1月から5月までは前々年分)の児童手当用所得証明書

※申請者が配偶者控除を取られていない場合、申請者と配偶者の所得証明書がそれぞれ必要です。

・請求者及び配偶者の個人番号(マイナンバー)の確認に必要なもの(番号確認書類と身元確認書類)

・請求者及び対象児童の在留カード、対象児童のパスポート(外国籍の方のみ)

■継続して手当を受ける手続き(現況届)

 毎年5月末に、養育状況などを確認するため、現況届を郵送しますので、6月中に提出してください。

未提出の場合は、支払が差止になります

■こんなときは・・・・

区 分 必要な手続き
養育する児童が増えた 事由発生日の翌日から15日以内に、「認定請求書」を提出してください
養育する児童が減った 速やかに、「額改定届」または「消滅届」を提出してください
受給者が市外に転出する 「消滅届」を提出し、転入先の市区町村へ請求してください
養育中の児童が市外に居住する 「別居監護申立書」を提出してください ※児童の属する世帯の住民票謄本が必要です
離婚(離婚協議中)のため別居となった こども未来課にご相談ください ※児童と同居している父・母が受給者になります
振込先口座を変更したい 「変更届」を提出してください ※受給者名義の口座に限ります
公務員になった 「消滅届」を提出し、勤務先へ請求してください
児童手当を市に寄附したい 「寄付申出書」を提出してください

 

LINEで送る