妊婦健康診査受診票交付のご案内について

定期的に妊婦健康診査を受けましょう

定期健康診査(妊婦健診)は、お母さんとおなかの赤ちゃんの健康を守り、妊娠が順調かどうかをチェックするためのものです。妊娠中はからだにいろいろな変化が起こりますし、自覚症状がなく順調にみえても、トラブルが隠れていることもあります。無事に出産の日を迎えるために、少なくとも次のような間隔で定期的に健診を受け、医師などの指導を守りながら毎日を過ごしましょう。また、健診日以外でも、出血や腹痛など「おかしい」と感じたときはすぐに受診しましょう。

妊婦健康診査を受けられるときは、必ず、母子健康手帳と妊婦健康診査受診票を一緒にご持参ください。

◆妊婦健康診査受診票を使用する時期は以下のとおりです。

妊婦健康審査
不明な点がございましたらお尋ねください。注)5~10回目(妊娠24~35週)については、主治医の判断で受診票を使用する時期が前後する場合があります。

 

◆妊婦健康診査受診票の使用上の注意点について

【妊婦健診受診票とは】

 妊娠期間中に医療機関で健診を受けられる場合に使用する受診票の綴りです。妊娠届が妊娠11週までの方には14回分の受診票を交付します。(妊娠届出が妊娠12週以降の場合は、交付する受診票の枚数が少なくなります。)

受診票記載の検査は八代市が負担します(公費負担)医療機関を受診される際、妊婦健康診査受診票を持参されれば、窓口で無料になります。ただし、受診票記載以外の検査については自己負担が生じます。十分ご注意下さい。

【妊婦健康診査受診票を利用できる対象者】

八代市に住民票のある妊婦の方です。八代市以外の市町村に転出された場合は、八代市妊婦健康診査受診票は使用できません。転出後は、転出先の市町村で受診票の再交付をお受けください。受診票の再交付を受けないまま、八代市の妊婦健康診査受診票を使用した場合、全額自己負担になることがありますのでご注意ください。

【妊婦健康診査受診票が使用できる医療機関】

熊本県内の指定医療機関で使用できます。(国立病院機構熊本医療センターでは使用できません。)

 

【妊婦健康診査受診料の払い戻しについて】

八代市の妊婦健康診査受診票を使用できない医療機関で妊婦健診を受けられる妊婦の方は、受診料の払い戻しを行います。対象は、定期妊婦健康診査に要した自己負担金の額(保険診療の適応になったものは該当しない)で八代市公費負担額及び妊婦健康診査内容に該当するものとなります。

手続きは申請が必要となりますので事前にお問合せください。※払い戻しの申請期間は出産後、1年以内です。

 

【注意】 

八代市外に引越し(転出)をされた場合は
八代市が交付した妊婦健康診査受診票は使用できません。

妊婦健康診査受診票は八代市に住民票がある方に対し交付しています。
八代市外に転出後に、八代市の受診票を使用した場合、全額自己負担になる場合があります。

 ⇒八代市外へ転出された場合、母子健康手帳はそのまま使用できますが、妊婦健診診査受診票は転出先の

 市町村にて再交付してもらう必要があります。御注意ください。

 

※国立病院機構熊本医療センター・熊本県外の医療機関で受診される方へ

上記医療機関で妊婦健康診査を受診される方は、別表1(上限額)に定める定期の妊婦健康診査受診に要した健診料金(自己負担分)については後日払い戻しになります。その為、別途手続きが必要になりますので必ずご連絡ください。

◆資料ダウンロード

手続き方法

記入例

妊婦健診助成申請書

 

◆妊婦健康診査受診票に関するお問合せ先
八代市保健センター       TEL  0965-32-7200
八代市鏡保健センター     TEL  0965-52-5277

LINEで送る