出産育児一時金の支給金額と支給方法について

■支給対象者:八代市国民健康保険に加入されている方が出産された場合、世帯主に支給されます。

■支給金額40万4千円
(産科医療補償制度加入の医療機関での出産の場合、補償制度の掛金1万6千円を加算し42万円が支給されます。)

■直接支払制度
平成21年10月から医療機関が直接、世帯主に代わり保険者(八代市国保)に出産育児一時金(出産費用)を請求されます。これに伴い、医療機関等の窓口での出産費用の支払については、出産育児一時金の範囲内での出産であれば、現金でお支払いただく必要がなくなります。

例えば、産科医療補償制度加入の医療機関での出産の場合:42万円支給
(出産育児一時金40万4千円+産科医療補償制度掛金1万6千円)
※出産費用が42万円未満の場合:
医療機関から保険者に出産費用として請求された出産育児一時金の差額を八代市国民健康保険に請求することになります。
※出産費用が42万円を超えた場合:不足分を医療機関の窓口でお支払していただくこととなります

◆この制度を利用されず、従来どおり八代市国民健康保険から直接一時金の支払いを希望することも出来ます。その場合、一旦、出産費用の全額を、退院時に医療機関窓口で現金等によりお支払いただいた後、八代市国民健康保険の窓口で手続きして頂くことになります。

社会保険等に加入されている妊婦の方につきましては、加入している各保険者にお問い合わせください。
問合せ 国保ねんきん課 ℡33-4105

LINEで送る